みんなのブログポータル JUGEM

What's new!!



                

HP・ブログ まとめて引っ越しました!
こちらをご覧ください
bond Project公式ホームページ
問い合わせ等もこちらへお願いします。

5/1  ブログが引っ越しました。
    → クリック♪
                                

3/3  お知らせ 橘ジュンへのメールについて
    こちらへ→ クリック♪





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
つぶゅやき
おかげさまでテレビの問い合わせが、ちょこちょこあります。

昨日も実際にお会いして、番組制作企画を聞かせていただきました。

今日もありました。
これから始まるバラエティー番組だったかな。

すみません、お断りしました。

だって、昔話を中心にというんだもん。
しかもスタジオで。
司会者にいじられながら、たぶん。

イヤ(笑)。

昔は通りすぎたこと。
今を振り返ったときに必要だった経験とは思っているけれど、
反省はあっても自慢はできないし、
過去自慢なんてしても
私は意味がないと思ってます。
特に私なんてすることもないし、
かっこわる(笑)

私は今がとても大切です。
振り返ってる余裕なんて
全くありません。

でもね…
「声にならない声を聞いて伝える」という私の想いと願いは10代のあの日から変わってません。


過去の自分は幼すぎた。

周りが見えなくて
自分のことばかり考えて
大切なものなど
ホントに少ししかなくて
傷つけてばかりで
傷ついてばかりで
ありがとうと
ごめんなさいが
素直に言えない
子どもでした。


今は「ありがとう」と
「ごめんなさい」を日々、実感しながら生かしてもらえると思える自分がとても有難く、
そして、
すべてが愛しいです。


私は有名になりたくて
今を生きているわけではありません。

声を届けるために、気がつていない声を知るために
メディアを通じて活動を紹介してもらうことはありますが…。


そう、もっと切実な思いと願いがあります。

私の夢のとなりには
あの子も
あの人も
あの方も
います。

すぐそばに笑顔も涙も…あります。

そんな自分がシアワセだなと、ときどき心のそこから思います。

「声にならない声を聞いて伝える」

このために、私たちは頑張りたいと思っています。
どんなときでも、前を向いて生きていきたいな。

そこんとこ、ヨロシク!!
| ジュン | ジュンの日記 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/10/20 9:36 PM posted by: KONNBANNWA
ブログを拝見させていただきました。

橘さんは、

「声にならない声を聞いて伝える」

と書かれていますが、

橘さんは、取材をすることと援助をすること、混同させていないでしょうか。

声にならない声を聞いて伝える・・・

一生懸命に日々の業務をされているようですが、これは簡単ではないことかと思いますが、

あのこをさがしにきています・・・

今日は〜ちゃんがうちにきています・・・

おそらく、誰かが苦しい、つらいという声を橘さんに伝えたくて、傷の写真を添付して送られてくるメール、その添付写真をブログに載せてくださったのかと思いますが、
同じようなくるしみ、つらさを抱えている人がいるんだ、私も頑張ろうと思う人と、その写真がマイナスに助長させることもあるかと思います。

どうか、マイナスの働きも子どもたち、世の中の人に与えることもあるであろうことも十分にお考えになってください。

申し訳ございませんが、

私には、橘さんの真剣さが伝わってきません。

中途半端な気持ちはないかと思いますし、悪気なんてないかと思いますが、

援助するということは、難しいですね。

決して自己満足になってはいけない。
人のためにするというスタートラインではできないのかなと思います。

橘さんが複雑な想いで、一生懸命考えてとりくまれているかと思うのですが、
伝わってきません。

失礼致しました。
2009/10/20 10:27 PM posted by: ジュン
コメントありがとうございます。意見をありがとうございました。
2009/10/21 12:05 AM posted by:
きっとジュンさんは、
解ってくれてる、んじゃないかな…と《あたしは》思います…。

コレによってもしかしたら傷つけることが、人があるってことを…。

だからこそ、
こういう風に誰もが見れる場所で、伝えていくって事は、たぶん覚悟も責任も背負ってだと思います。


もちろん、わかる人も、わからない人もいる。


でもこうして続けていく事はなかなか出来ないことだとも思います。

この場所があって良かったと思える人が
救われる人がいればいいと純粋に願って…
思い続けてるんじゃないかなぁ…。


2009/10/21 1:10 AM posted by: JJ
覚悟や責任なんて堅苦しく考えてたらこんな事やってられない…
そんな深く考えないでみんなが幸せになればそれでイイと思う
一見橘さんを擁護するように見えてすごく重いプレッシャーを与えて追い詰めるコメントですね
取材した人の声をストレートに伝えるって最初のスタンスを崩さなければそれでイイと思う
それ以上でも以下でもなければ責任も覚悟も必要ない…
それは報道の自由だから
守らなければいけない自分の子供に対する責任だけでも大変なのに…
それ以上の責任と覚悟なんて背負わせてどうするの?
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://voices-blog.jugem.jp/trackback/810